トリセツ(コンセプト)

一般的なJKリフレはどんなお店???

JKリフレとはどのような店なのか?

JKリフレはJKの制服姿の女性による簡易的な施術を受けられるお店です。女子高生の略称であるJKと、リフレクソロジーの略称であるリフレを掛け合わせた名称となっています。
リフレクソロジーは足の裏や手のひらなど、身体の一部をもみほぐすことで、疲労の回復に役立つ施術内容です。JKリフレではハグや添い寝など、精神的な癒しや萌えを提供することがメインとなり、その一環として簡易的なリフレを行っています。女性からの施術で身体の凝りや疲れを和らげるのではなく、JKの制服姿の女性との会話や添い寝を楽しむことで精神的に癒されることが目的のお店です。
JKリフレ店には店内で女性からサービスを受けられる店舗型と、店外のホテルなどでキャストと過ごす派遣型があります。

JKリフレのサービス内容

女子高生の制服姿の女性とハグ・膝枕・添い寝をするだけでなく、簡易的な施術を受けられることがJKリフレ店の特徴です。
身体を密着させてイチャイチャすることもできますが、基本的に女性は服を着た状態で接客対応を行います。施術内容もペニスを刺激するといった性的なものではなく、肩・腰・背中など身体の一部をもみほぐすライトな内容です。
JKリフレ店はオプションが充実している店舗が多いです。詳細はお店によって異なりますが、ほっぺにチュウ・膝まくら・マイクロビキニなど、お客様好みのオプションを活用することで満足度を高めることができます。
またJKリフレ店の中には、女性と街中を歩くデートを行うといった、リフレ以外の楽しみ方ができるお店もあります。

JKリフレに高校生はいるのか?

JKリフレ店には高校を卒業した18歳以上の女性のみが在籍しています。
元々は現役の女子高生を集めていたお店もありましたが、何度か大きな摘発があったこともあり、規制が強化されました。また派遣型のJKリフレ店の場合、制服を着た女性とホテルから出てくるとき警察に職質されたとき、相手が女子高生であれば、お客様が未成年と売春をしたとみなされる可能性があります。このような理由から現在営業しているJKリフレ店では、基本的に現役の女子高生は在籍していません。
ただほとんどの店舗ではJKと過ごすような特別な時間を提供できるよう、18歳~20代前半と年齢が若く、スベスベな肌やアイドル系のかわいらしい容姿の持ち主といった、女子高生らしい魅力的な女性を厳選採用しています。

JKリフレの情報

都内の店舗数

東京には30店前後のJKリフレ店があります。
メイド喫茶や執事喫茶のような飲食店が多く、アニメやマンガ関連の専門店が点在するオタク文化がある秋葉原・池袋に20店前後の店舗が集中しています。店舗型と派遣型の店舗の数が同じくらいであることも東京の特徴です。
全国にJKリフレは45店前後存在していますが、そのうちの3分の2は東京にあります。

似た業種だが違うサービス

JKリフレと似た業種としてオナクラ・性感エステが挙げられます。
これらの業種の風俗店は、お客様から女性に触れないという部分では似ていますが、キャストがペニスを触って刺激を与えるというサービス内容に違いがあります。
それ以外の似た業種はメンズエステです。メンズエステはJKリフレとは異なり、しっかりと講習を受けたセラピストの施術を堪能する業種となります。

風俗との違い

女性とハグをしたり添い寝をするといった形で、キャストのスベスベな肌の感触を堪能することで精神的に癒されるのがJKリフレ店の魅力です。
足の裏などに対する簡易的な施術を行いますが。風俗店とは違い、基本的に女性がペニスを刺激するといった性的なサービスをしたり、男性がキャストの身体に刺激を与えることはありません。

キャバクラとの違い

キャバクラ店では男性客の隣にキャストが座り、お酒を飲みながら会話を楽しむのに対して、JKリフレ店では基本的に女性とお酒を飲むことはできません。ただ身体を密着させながら接客をするという点では同じです。
キャバクラ店では服を脱いだ女性の姿を見ることはできませんが、生着替えなどのオプションを用意するJKリフレ店では間近でキャストの裸を見ることができます。

JKリフレの歴史

JKリフレ店の第一号とされる学園系のリフレ店は、2011年に池袋に誕生しました。
2000年代にメイド喫茶が流行り、バーや耳かき店などメイドに関連するお店ができ、その中のひとつとしてメイドリフレ店が登場します。
その流れの中で誕生したのが、第一号とされるリフレ店です。
この後も2013年頃から街中デートができるお店、2015年頃から派遣型の店舗ができるなど、特色のあるJKリフレ店が登場しています。

JKリフレの初心者ガイド

JKリフレのコース

JKリフレのコースは、30分〜60分が一般的です。JKリフレの店舗によっては90分〜120分などロングコースも用意されているので、可愛い制服姿のJKと長時間まったり過ごしたいという方にもおすすめです。JKリフレの基本のコースでは女の子とのおしゃべりや簡易的なマッサージを楽しむことができ、有料オプションをつけることで一般のコースに加えてさまざまな遊び方が広がります。JKリフレ店によってコースの特色が異なるため、ご自身の希望やお好みの遊び方に合わせてコースを選んでみてください。女の子のタイプに合わせてコースやオプションを選ぶことで、毎回違った楽しみ方ができるはずです。ぜひお好みのコースを見つけて、魅惑の時間をお過ごしください。

JKリフレのオプション

JKリフレには、店舗によって多数の有料オプションが用意されています。オプション料金は種類によって異なり、頭なで、足踏みリフレ、ハグ、生着替え、足からませなどさまざまなオプションを楽しむことができます。基本的に女の子はJKのコンセプトに合わせて制服またはセーラー服を着ていますが、オプションでブルマ、スクール水着、ビキニ、マイクロビキニなどコスプレ衣装を着てもらうことができるのも魅力です。オプション料金は1,000円〜9,000円ほどですので、基本コースに加えてご希望がある方は事前に店舗に予約しておきましょう。オプションをつけるだけで満足度も大きく変わるため、お好みのオプションを見つけてJKリフレをさらに満喫してみてください。

JKリフレの裏オプション

派遣型のJKリフレでは、一部の違法な店舗で「裏オプション(裏オプ)」と呼ばれるオプションを行っている店舗も存在します。裏オプションとは、お店で行われている公式オプションではなく、女の子がお店で禁止されている性的サービスをお店に内緒で行うことを指します。風俗営業の許可がない場合、裏オプションのような行為をすることは違法となります。違法なJKリフレ店で裏オプションを頼んでしまうと、利用者側も思わぬトラブルに発展してしまう可能性があるため、お店の種類やコンセプトを理解し、用途に合わせてお店を利用することが大切です。JKリフレを利用する前は、必ずホームページを確認し、安全に利用できるお店かどうか確認しましょう。

JKリフレで初心者がやるべきこと

JKリフレとは、高校を卒業した18歳以上の女の子がマッサージを行ったり、ハグしてくれたり、恋人のようにいちゃいちゃを楽しむことができるサービスのことです。JKリフレ初心者の方がやるべきことは、まずはどんな女の子が在籍し、どんなオプションが楽しめるのかお店をリサーチすることでしょう。JKリフレ店によってコンセプトやコース、料金等も異なるため、ご自身にマッチしたJKリフレ店を選ぶことが大切です。安全に楽しくJKリフレを楽しむためにも、初心者の方は特に事前のリサーチを行ってみてください。最初こそ緊張するかもしれませんが、可愛いJKの笑顔に癒されれば緊張もほぐれ、日頃の疲れやストレスも癒されるはずですよ。

JKリフレ東京はどんなお店???

  • 『卒業制度』で20歳になった女の子は卒業!JKリフレ東京は『本物の素人10代』にこだわり抜きます!
  • 『本物の制服』にもこだわります!JKリフレ東京のみの特別ルートでコスプレではなくガチの制服のみご用意♪
  • ・擦れた夜職の子ではなく、恥ずかしがる本気の素人少女のみと遊べる『世界一ピュア』なJKリフレ♪
  • ・通っていれば『現役JK3年生』の高校を中退した18歳も在籍!
  • ・制服姿の素人10代とイチャイチャしながら密着マッサージを楽しめます♡

JKリフレとはどんなお店?

JKリフレとは、制服を着たJK(女子高生)がリフレクソロジーと呼ばれる簡易マッサージサービスを行うお店です。個室で密着してマッサージを行うため、リアルなドキドキ感を楽しむことができることが特徴で、足踏みリフレやハグ、生着替えなど豊富なオプションが用意されており、男性の好みに合わせて利用することができます。普段JKと接する機会がない方も、誰でも気軽に一緒に過ごせることから人気を集めています。

【JKリフレ東京 秋葉原本店】でJKリフレを満喫

【JKリフレ東京 秋葉原本店】は、素人10代と出会える世界一ピュアなリフレです。20歳になった女の子は卒業するJKリフレ独自システム「卒業制度」を採用し、本物のJKたちとよりリアルなひとときをお楽しみいただけます。素人感漂う可愛い美女JKたちとイチャイチャすれば、日頃の疲れやストレスも忘れてしまうはずです。JK以外にもさまざまなコスチュームがありますので、気分に合わせて別の衣装を楽しむこともできます。ここでしか出会えない本物の可愛い10代のJKと一緒に、JKリフレで癒しの時間をお過ごしください!

ページTOP